意外と多い!?一人野球観戦のススメ

「野球観戦に行きたいけど、ひとりで行くのは抵抗がある」という方もいるのではないでしょうか?恥ずかしかったり不安だったりするのだと思います。

僕は学生時代に年間で100試合以上、球場で試合を観戦しましたが、そのうちの70試合はひとりで観戦しています。

好んでひとりで観戦した場合もありますが、やむなくひとりで観戦した試合も多くあります。その中で、いかに楽しく観戦するかを模索もしました。

結論からいうと、ひとりで野球観戦をしている人はたくさんいますし、むしろひとりの方が楽しいときもあります。ひとりでも十分野球観戦を楽しめます。

今回はそんな僕の経験を踏まえて、ひとり野球観戦のススメを紹介していきます!

1.ひとりで野球観戦をしている人は意外と多い

実際に球場に行ってみればわかりますが、ひとりで野球観戦をしている人は意外と多いということがわかります。ひとりで野球観戦をしているおじさんはもちろん居ますが、若い人もたくさんいます。

ひとりで野球観戦に行くのは抵抗がある人も多いかもしれませんが、恥ずかしいことは一切ないので、心配せずにぜひ足を運んでみてください。

2.ひとりで野球観戦している女性も多い

女性の方でひとりで野球観戦に行くことに抵抗がある方も多いようですが、球場に行くとひとりで野球観戦をしている女性もたくさん見かけます。

内野席で静かに観戦している方もいますが、外野席でユニフォームフル装備で応援している方もたくさんいます。

そのような方を見ると、純粋に野球が好きなんだろうなと思いますし、野球観戦玄人から見るととても好印象ですよ!

ぜひ、仲良くなりたいなぁなんて思ったりもします。笑

後述しますが、ひとり野球観戦はひとりなりの楽しみ方ができます。普段は友達と野球観戦に行っている人も、たまにはひとりで行ってみると違った楽しみ方ができるようになりますよ!

3.ひとり野球観戦をする理由

とは言っても、野球観戦は複数人で行くものだという印象が強いのではないでしょうか?逆に、ひとりで野球観戦に行っている人はどんな理由でひとりで行っているのでしょうか?

数人ではありますが、僕が実際に聞いた声を紹介します。

「野球が好きで、とにかく球場に行きたくなったから」

理由はありません!野球が好きだから球場に行く。それだけです!

「注目選手を観に行くため」

まだプロになっていない、アマチュアの注目選手を観に行くためにひとりで球場に足を運ぶという理由ですね。

この記事を書いている2017年5月現在で言えば、早稲田実業に大注目の清宮幸太郎選手がいますが、高校野球の予選を見に行ったり、大学野球のリーグ戦を見に行ったり、注目選手を観るのも楽しいです。

しかし、プロ野球はエンターテインメントという面もありますが、アマチュア野球はやはりどうしてもマニアックになってしまいます。野球好きでないとなかなかアマチュア野球を観に行くことはないですよね。

球場も地方球場で試合が行われたり、プロ野球よりも「わざわざ行く」感があります。そのため、本当の野球好きでないと行くことも少ないですので、必然的に一緒に行く人もいなくなる訳です。

あとは、目的は注目選手を観に行くためであり、友達と一緒に行って楽しむ訳ではないので、そもそも誘わないという人も多いようです。

「本当は友達と行きたかったけど、予定が合わなかったから」

これはよくある話ですね。本当は友達と行く予定だったけど予定が合わなくなったからひとりで行く。僕も多々ありました。野球観戦に行くつもりでいたら、たとえ他の人が予定が合わなくても行くと決めたら細胞は球場に向かうのが野球ファンです。

「チケットが取れなかったから」

最近では対戦カードによってはチケットがなかなか取れない試合も増えてきました。一緒に行く予定だったけど並び席でチケットが取れずにやむなくひとりで観戦に行くというパターンもよくあります。

特に、ペナントレースではなくて、オールスター、WBC、日本シリーズなどの短期決戦や特別な試合はチケットは取りにくいです。「本当は友達と行きたかったけどチケット取れなくてひとりで行くことになった」という女性もけっこう会ったことがあり、むしろたくさんいるなぁという印象ですね。

「野球好きの友達が居ないから」

野球観戦という趣味ははっきり言って、まだ一般的ではありませんので、興味がない人はたくさんいます。特に女性は野球に全く興味がない人もたくさんいるので、「野球に興味がある友達がいない」と悩んでいる女性ファンも多いです。

無理やり連れて行って「つまらない」と言われても悲しいので、誘うに誘えないでしょうし、なかなか難しい問題でもあります。

色々と理由はありますが、積極的にひとりで野球観戦に行っている人もいれば、仕方なくひとりで野球観戦に行っている人もいるようでした。

4.ひとり野球観戦をススメる理由

僕は野球観戦にみんなで行く楽しさもひとりで行く楽しさも知っているので、僕の立場としては両方オススメしたいですが、ひとりで野球観戦に行くことのメリットもあるので紹介したいと思います。

①チケットが取りやすい

ひとりで野球観戦に行く理由のところに「チケットが取れなかったから」というのがありましたが、逆を言えばひとりならチケットが取りやすくなります。ペナントレースはもちろん、短期決戦や特別な試合もひとりなら比較的に取りやすくなります。

②自分のペースで楽しめる

友達と野球観戦に行くと、なんとなく合わせないといけないこともあります。それがストレスになるまでは言いませんが、気遣いが疲れることもありますね。

僕の経験で言えば、嬉しいことでもありますが、気を使わなければいけない上司や先輩と野球観戦に行くと必要以上に疲れることもあるので、そんなときは「ひとりで来た方が楽しいな」と思うこともあります。

アマチュア野球を観るときは、席を移動しながら自分のペースで観ると楽しいですよ。

③野球をじっくり観れる

これは最近気がついたことですが、友達と野球観戦に行くとなんだかんだ話をしたり他のことに気をとられて、試合自体を全然見ていないことに気がつきました。笑

感覚的に行ったら半分くらいしか見てないんじゃない?というくらいです。もちろん、それはそういった楽しみ方なので良いのですが、ひとりで行くと、野球に集中して観戦することができます。

普段はワイワイ楽しむけど、ひとりのときは内野席でじっくりと、配給を考えたり作戦を考えたり、変化球の曲がりを見たりと、よりマニアックな視点からの観戦も楽しいものです。

アマチュア野球ではスコアをつけながら観戦している人も見かけますが、スコアをつけながら奥深くまで味わうのも楽しいものですよ!

5.時にさみしい、ひとり野球観戦

ひとり野球観戦をオススメしてきましたが、正直なところをいうと、ときにひとりが寂しくなることもあります。友達と見に来ている人が羨ましく思います。

あと、ひとりで観戦しているときには、席を立つのが心配になります。貴重品はもちろん持ち歩きますが、それ以外の荷物が失くなっていないか、やはり不安になりますね。指定席なら席の心配はありませんが、自由席で席を離れるときは席の心配も少なからずあります。

大きな心配ではありませんが、一応考えておいても良いかもしれません。

6.「選手名鑑」はひとり野球観戦の必須アイテム!

ひとりで野球観戦をするときは基本的にはじっくりと野球を観ることが多くなるので、より野球のことを知っていた方が楽しく観戦できます。

ルールはさておき、どんな選手がプレーをしているのか知れば知るほど野球観戦の楽しさが倍増します。そこで必須のアイテムが「選手名鑑」です。

選手の経歴を見て「○○高校出身か~」とか、年俸を見て「もらってる割に働かないな~」とか、面白い見方ができます。

「今日のベイスターズのスタメンには横浜高校出身が5人もいるよ」
「巨人の小林と広島の野村は高校時代バッテリーを組んでいたのか」

など、共通点探しも楽しいですよね。

いろんな情報を絡めていけば、高校野球、大学野球にも興味が湧いてきますし、2軍の試合や独立リーグにも興味が湧いてきます。

そうやって、ひとり野球観戦の幅を広げていけたらどんどん楽しくなっていきます!ぜひ選手名鑑は忘れないようにしてください。

ひとり野球観戦も楽しい!

僕はどんな形であれ、野球観戦は楽しめればそれで良いと思っていますし、どんな形であれ野球観戦を楽しめると思っています。

それは、みんなでワイワイ楽しみながら野球観戦をすることも、ひとりでじっくり野球観戦をすることも両方をたくさん経験しているので、どちらの楽しみ方もよくわかります。

ひとりだとつまらないということはないので、今シーズンはぜひ、ひとり野球観戦に挑戦してみてください!

スポンサードリンク