千葉マリンスタジアムの名物グルメ・売店・売り子さんを満喫する!

スポンサードリンク







千葉マリンスタジアム(ZOZOマリンスタジアム)に観戦に行ったとき、ただ野球観戦するだけで済ませてしまってはもったいないです。野球観戦はもちろんですが、それ以外にもいろいろと楽しめることはあります!

その代表的なものが「名物グルメ」「売店」「売り子さん」です。今回は、実際に千葉マリンスタジアムに行った体験をもとに、より球場を満喫する方法を紹介します!

千葉マリンスタジアムは12球団No. 1の「グルメ球場」!?

まずはじめに、グルメに関する情報です。千葉マリンスタジアムのグルメの充実っぷりは12球団No. 1と言われています。そんなグルメ球場の千葉マリンは何が有名なのでしょうか?

人気No. 1は「もつ煮」

前情報によりますと、千葉マリンスタジアムは「もつ煮」が有名とのこと。確かにテレビでもそんな情報を見た気がしますが果たして本当なのか、聞き取り調査をしました。

まず、千葉マリンに足繁く通う友人の「Kくん」からの情報では、

「確かにもつ煮は有名かもね」

とのこと。通い詰めている人は人気のグルメなど気にしないのかもしれません。ちなみに私、外野手はハマスタに足繁く通いますが、名物「みかん氷」は食べ過ぎてしばらくいいかな、、という感じです。Kくんにとってのもつ煮もそうなのでしょう。

続いて、球場のグッズ売り場のクルーに聞いてみました。

千葉マリンの名物はなんですか?

名物、、、?あー、もつ煮が有名ですよ!

やはりもつ煮が有名みたいです。しかし、追加で一言。

でも、熱いので、今日(この日の気温34度)はどうでしょうか?

僕としては熱かろうがグルメを満喫できれば良かったので、クルーの忠告は気になりませんでした。

確かに、千葉マリンは「もつ煮」が有名のようです。ということで、クルーにもつ煮が売っているところを聞いて、こちらに向かいました。

もつ煮のお値段は「650円」。それなりにいいお値段はしますが、ボリューム満点山盛りのもつ煮が出てきたので、そこはOKとしましょう。

球場外のテントが充実している!

名物はもつ煮ということですが、その他にもたくさんのグルメを楽しむことができます。千葉マリンスタジアムの球場外にはたくさんのグルメテントが立ち並んでおり、多様なグルメを楽しむことができます。

ちょっとしたベンチもあって、天気が良い日にはお祭り感覚で楽しむことができそうです。球場が開場になる前からお店はやっているので、昼過ぎくらいに足を運んで遅めのお昼を食べるのも良いかもしれません。

近くにコンビニはありませんが、最寄り駅のコンビニで缶ビールを買っていけば、ビアガーデン感覚で楽しむこともできそうです!お時間がある方は、そんな楽しみ方も試してみてください!

球場コンコース内の売店も充実している!

グルメ球場というだけあって、球場コンコース内の売店も充実しています。定番のおつまみはもちろん、変わった丼などもあっていろいろと楽しめそうです。ポップコーン売り場からはキャラメルの香ばしい香りが漂っていて、食べたくなってしまいます。

そして、さすがロッテのお膝元。ロッテもお菓子が売っている露店があったり、ロッテリアがあったり、他の球場ではない感じの食べ物売り場になっていました。マリーンズのロゴが入っている包材のみで売っている場所もあって、面白いです。会社のイベントなんかで使えるかもしれませんが、その他の使い道はなんでしょうか?

あの「ヒューガルデン」が売っている!

いろいろなお店がありましたが、一番感動したのは「ヒューガルデン」が売っていたことです!最近の球場のビール事情は発展しつつあり、例えば横浜スタジアムでは球団オリジナルのクラフトビールを販売していたり、お酒の楽しみ方も変わってきています。

ヒューガルデンはフルーティーな味わいで、苦味が少なく飲みやすいビールですが、女性ファン向けに用意しているのでしょうか。

球場でヒューガルデンを見ることはなかなか無いので、地味に感動しました。

この日、球場に着いたのは試合開始の2時間前、開場の30分前でしたが、特に暇な時間を作ることなく、試合開始まで球場を楽しむことができました!球場によってはグルメがつまらなくてコンビニで買ったものを持ち込んだ方が楽しいところもありますが、千葉マリンは球場メシで満喫することができます!

千葉マリンスタジアムの売り子さん情報

話は変わって、千葉マリンの売り子さん情報です。昨今の売り子はその状況が変わりつつあり、「売り子のアイドル化」が各球場で進んでいます。

特に千葉マリンスタジアムでは「マリーンズカンパイガールズ」という売り子アイドルが球団公式で活動しており、特設HPも用意されています。

そんな千葉マリンの売り子さんですが、どんな特徴があるでしょうか?

マリンスタジアムは素朴な売り子さんが多い?

マリンスタジアムの売り子さんは「素朴な子が多い」という印象です。ギャル的な可愛さというよりも、素朴で控えめな感じの子が多いような気がします。中でも黒ラベルはレベルが高く、他のビールよりも頭一つ抜けている感じがしました。

黒ラベル好きとしては、とても嬉しい球場です!

首都圏にある「東京ドーム」「神宮球場」「横浜スタジアム」はギャル感のあるかわいさを感じ、郊外にある西武ドームは郊外感を感じる売り子さんが多いように感じます。

マリンスタジアムはというと、ちょうどその間のような雰囲気を売り子さんから感じました。

気さくな感じの売り子さんも多く、売り急いでい無いので、簡単なお話なら時間を取ってくれます。
とはいえ、ガッツリお得意様を持っている売り子さんはガンガン売っていて、どこの球場も同じなんだなと思いました。

千葉マリンスタジアムは試合前も球場を満喫できる!

ということで、今回は千葉マリンスタジアムの「名物グルメ」「売店」「売り子さん」について紹介しました!

試合前には球場メシと売店で楽しんで、試合中もイニング間や守りの間は売り子さんと楽しむことができます。

頻繁にマリンスタジアムに通っている人は良いかもしれませんが、これまでにあまり行ったことがなくちょっと足を運んでみようかなという方は、ぜひ試合開始の前に球場を満喫できる時間に行ってみることをおすすめします!

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

高校野球を最後に選手としては草野球程度しかプレーしなくなったものの、野球に対する熱はいつまでも燃え続け、年間100試合以上観戦した年も。座右の銘は「野球を人生の友とせよ」