野球観戦中にトイレに行きたくなったらどうしますか?|対策と心得まとめ

野球観戦について、このような質問をされることがあります。

「野球観戦中にトイレに行きたくなったらどうしますか?」

野球観戦に慣れていない人にとっては、観戦中のトイレについて不安があると思います。特に女性は男性よりもトイレ状況について心配かもしれません。

野球の試合は約3時間と長いですが、何も試合が終わるまでトイレを我慢する必要はありません。今回の記事では「野球観戦中にトイレに行きたくなったらどうしますか?」という質問にお答えしながら、野球観戦のトイレ対策を紹介します!

1. 野球観戦中にトイレに行きたくなったら、我慢しない

まず、野球観戦中にトイレに行きたくなったら、我慢はせずにトイレに行きましょう。席が通路よりならトイレに行きやすいですが、席が通路から遠い場所になってしまった場合、試合中に席を立つのは迷惑と思って我慢してしまがちです。迷惑かかるし、戻ってくるのもめんどくさいし、ストレスなのは確かかもしれません。

ですが、行こうと思ったときに行かないと、丁度良いタイミングを掴むのは意外と簡単ではなく、気が付いた頃にはヤバイ寸前ということにもなりかねません。

なので、野球観戦中にトイレに行きたくなったら、我慢せずに行くようにしましょう。

ただ、少し心がければトイレに対してのストレスを最小限まで減らす対策はできますので、続いて紹介していきます。

2. 野球観戦のトイレ対策

野球の試合の流れの特徴や座席の特徴を把握しておけば、観戦中のトイレのストレスも限りなく少なくすることができます。今回はその対策を幾つか紹介していきます。

2-1. できるだけ通路側の席を取る

まず、根本的にできるだけ通路側の座席を取るようにしましょう。好カードはなかなかチケットが取れないかもしれませんが、通路の隣とは言わないにしても、通路に近い方が気持ちに余裕が生まれます。

自由席の場合は、できるだけ早めに並んで通路側の席を取れるように準備することをおすすめします。例えば神宮球場の外野は自由席ですが、開場前に並んでいれば、比較的通路に近い席を取れると思います。(神宮球場の外野席の場合は中側でも通路に出やすいですが)

2-2. イニング間にトイレに行く

トイレに行っている間はコンコースのテレビでしか試合が見れないので、残念な感じがします。なので、イニング間にトイレに行くようにしましょう。イニング間の方が、周りのファンの方も席を立って通してくれます。イニング中に席を立つと試合が見れなくなってしまい迷惑になってしまうこともあります。

ただ、後述しますがイニング間のトイレは大混雑に巻き込まれてしまうので、それを避ける対策も必要になってきます。

2-3. 飲み物を飲み過ぎない

野球観戦中のビールは至福ですが、飲みすぎるとトイレにいきたくなってしまいます。楽しくなってついつい飲みすぎてしまうかもしれませんが、その後のトイレのことも考えて余裕を持てる程度に飲むようにしましょう。

2-4. 身体を冷やさないようにする

身体を冷やしてしまうとトイレにいきたくなってきますので、できるだけ野球観戦中は身体を冷やさないように対策をしましょう。ドーム球場は気温が一定ですが、屋外球場は体調管理が難しくなります。

春秋のナイターは寒くなることが多いので、上着を持っていくと良いでしょう。夏であっても屋外球場は寒くなることがしばしばあります。特に海が近くて風が強くなる球場(横浜スタジアム、千葉マリンスタジアムなど)は夏であっても風で汗が冷えて体温が急激に下がってしまうこともあります。

トイレだけではなく、体調を崩すこともあるので、服装には十分な注意が必要です。

2-5. 周辺の人と一緒に席を立つ

席が中側になってしまった場合、席を立つと周りに迷惑がかかってしまうと考えがちです。確かにそれはありますが、できるだけそれを避けるために、周辺の人が席を立つタイミングで自分も席を立てば、迷惑も自分のストレスも軽減されます。

3. 野球場でトイレの大行列に巻き込まれないために

野球観戦中、特にたくさんのお客さんが入る好カードの試合は、トイレが大行列になってしまいます。男子トイレはそれなりに列は流れるのですが、女子トイレはなかなか進まず、並んでいる間に1イニング終了してしまうことも稀ではありません。

大行列に巻き込まれてしまうと、いつ順番がくるのかソワソワしてしまいますし、試合が見れなくて残念な感じになってしまいますが、大行列に巻き込まれないために、みんながトイレに行くタイミングを知っておくと便利です。

3-1. みんながトイレに動くタイミング

プレーが止まっている間にトイレにいく

みなさん、やはり試合が動いている時は試合を見たいので、試合が止まったらトイレに行こうと考えています。試合が止まるタイミングとは、イニング間です。

攻撃と守備がチェンジしているときは試合が止まるので、そのタイミングを見計らってトイレに行こうとします。なので、イニング間は特にトイレが混んでしまいます。

ちなみに、この攻撃と守備がチェンジするイニング間は約3分間あります。3分でトイレに行って帰って来るとなると、結構急ぎでないと間に合いません。

攻撃が終了したらトイレにいく

トイレに行くタイミングとしてイニング間にトイレに行く中でも、自分が応援しているチームの攻撃が終了したらトイレにいきます。やはり、自分が応援しているチームが攻撃しているときを見たいので、攻撃が終わるタイミングでみんな動き始めます。

3-2. トイレが混まないタイミング

攻撃が終了する前

攻撃が終了するとトイレが混み始めるので、終了する前にトイレに行ってしまえば空いているタイミングで行くことができます。

攻撃が終了する前とは、2アウトになってからが良いでしょう。

2アウトになって、さらに応援しているチームがチャンスでもないときは、席を離れても許せる範囲内です。2アウトであってもチャンスの場合は、席を離れている場合ではありません。選手を応援してあげましょう。

しかし、野球は2アウトから。何が起こるかわからないから3アウトになるまで攻撃を見ていたいという人も多いと思います。

そこでポイントとなるのは、みなさんは3アウトチェンジになってから、一息ついてトイレに移動し始めます。このタイミングで行くと混雑に巻き込まれてしまうので、

3アウト ◎ 混雑

この◎のタイミングであれば、トイレは混雑していません。バッターが打って凡退になりそうで3アウト目がほぼ確定しそうなときに、急いでトイレにいきます。そうすれば、トイレを済ませたころにみんなが並び始めて自分は混雑に巻き込まれる前に席に戻ることができます。

攻撃中でもピッチャーが交代のとき

攻撃中でも試合が止まるタイミングがあります。相手チームのピッチャーが交代するときに投球練習をするので、その数分間はトイレに行くタイミングになります。女性は少し時間が足りないかもしれませんが、男性であればその数分間でもトイレに行くことができると思います。

野球観戦はトイレも勝負!

トイレの混雑に巻き込まれないためには、

みんなが行くタイミングを避けて
トイレが混まないタイミングで行く

ことが重要になります。

このタイミングは数分しかないので、掴むまでに時間がかかるかもしれませんが、試合を十分に楽しむために、トイレに行くのも勝負ですので、頑張って戦っていきましょう!

スポンサードリンク