3タテ

スポンサードリンク







3連敗したことを新聞やスポーツニュースなどで「3タテ」と言いますが、どういった意味でしょうか?

3タテの「タテ」の意味は?

3タテの「タテ」の意味は

たて【立て】 (2)助数詞。
勝負に続けざまに負けた数を数えるのに用いる。連敗。

とされています。

タテの使われ方については連勝した場合に「3タテした」というような使われ方をしますが、本当の意味は連敗に対して使われる言葉なので、「3タテされた」というように負けた側が使う言葉になります。

しかし、3連勝した場合に「3タテ」を使う野球ファンも多いので、3連勝or3連敗を指していると思っていただいて差し支えないでしょう。

プロ野球における「3タテ」

プロ野球では主に「3タテ」という言葉がよく使われます。4タテ5タテなど、4連敗以上のタテを使われることがあまりありませんが、それはなぜでしょうか?

同一カードは最大3試合

日本のプロ野球では年間143試合戦い、基本的に火〜日曜日の6日間を2つのカードに渡って戦います。

そのため同一カードの3連戦を1つの単位と考えることが多く、3連敗の場合も「同一カード3タテ」という意味で3タテが多く使われます。

「3タテ」と「3タコ」の違い

3タテは3連敗を食らうことを言いますが、似たような言葉に「3タコ」という言葉がありますがどういった意味でしょうか?

タコ=ノーヒット

タコの使い方は「3打数ノーヒット」「4打数ノーヒット」など、バッターがヒットを全く打てずに凡退した場合に使われます。

相手投手に全く太刀打ちできず、骨抜きにされた状態を「タコ」と表現したことから「3タコ」と言われるようになりました。

関連記事:野球用語の「タコ」とはどういった意味か?

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

高校野球を最後に選手としては草野球程度しかプレーしなくなったものの、野球に対する熱はいつまでも燃え続け、年間100試合以上観戦した年も。座右の銘は「野球を人生の友とせよ」