指名打者・DH

スポンサードリンク







DH・指名打者とは?

DH(designated hitter )・指名打者とは、投手の代わりに打席に立つ「打つ専門」の選手のことを言います。

野球のDHは“投手に代わって”打席に立つ選手なので、他の野手の代わりにDHを置くことはできません。

ちなみに、ソフトボールではDP(designated player)指名選手という制度がありますが、DPは投手に限らず他のポジションの選手に代わって打席に立つことが可能です。

野球においても、しばしばこのDPと混同されてDHでも他の野手に代わって打席に立つことができるのではないか?と思われることがありますが、野球では不可能です。

DH・指名打者制の採用

日本のプロ野球ではパリーグがDH制を採用していて、セリーグは採用していません。

セリーグの場合、ピッチャーは基本的に9番に置かれて、打率も低いので確実にアウトが取れることを前提に考えますが、パリーグの場合はバッティングの得意な選手が打順に入り、場合によっては打撃のタイトル争いをするような選手が指名打者に入ることもあります。

そのため、セリーグとパリーグの戦い方が大きく異なってきます。

それぞれのメリット・デメリットやDH制の採用の賛否はありますが、リーグによって違いがあることでファンにとっては違った野球の楽しみ方ができることでしょう。

どんな選手がDHに向いているのか?

指名打者は打つ専門の選手なので、守ることはありません。そのため、「打つのは得意だけど、守備に難がある」ような選手が指名打者に向いています。

  • バッティングが得意な外国人選手
  • バッティングは健在だけど守備につけないベテラン選手
  • ケガなどでフルにプレーはできない選手
  • バッティングが期待されている若手選手

など、使い方はチームによって様々ですが、一般的にバッティング力が劣るとされているピッチャーに代わってバッティングが得意な選手が打席に入るので、チームの打撃力は大幅にアップすると言えるでしょう。

近年話題の「DH解除」とは?

基本的にDH制を採用したら試合の最後までDHの選手が試合に出ることが普通でしたが、近年、「DHの解除」について議論されるようになりました。

それは「大谷翔平」選手の出現により、大谷選手が登板時はDH制を取る必要がないんじゃないか?というような議論がファンの間でされてきました。

現に、日ハムの栗山監督は「1番ピッチャー大谷」など、DH制を使用しないで大谷選手を先発出場させることもました。

ちなみに、「1番ピッチャー大谷」として出場した試合では、大谷選手はなんと先頭打者ホームランを放つなど、見事に結果を残して球史に名を刻みました。この試合を見ていたファンは素晴らしい瞬間を目撃して感動に包まれたことでしょう。

 

試合中でもDHの解除をすることができる

DHの解除は試合中でも行うことができます。DHを解除して、バッティングが得意で守備が苦手な選手を守備につかせるのはどうなの?と思うかもしれませんが、ケースとしては、

DHのバッターが塁に出る→DHの選手に代走が送られる

ということがしばしばあります。代走で出場した選手は守備も得意な選手が多いので、そのまま守備につかせたいこともあります。そのようなときに、DHを解除して、そのまま守備につくことがあります。

ただ、一度DHを解除したら、その試合中はDHを復活させることはできません。つまり、その後に攻撃の回が残ってる場合は投手が打席に入ることも考えられます。

そのような状況も踏まえて、DHを解除するかどうか、作戦なのでしょう。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

高校野球を最後に選手としては草野球程度しかプレーしなくなったものの、野球に対する熱はいつまでも燃え続け、年間100試合以上観戦した年も。座右の銘は「野球を人生の友とせよ」