ピッチャーが投げるボールには色々な種類があり、変化球の名前にも色々な種類があります。その中でも「何が違うの?」とよく分からない名前の変化球もあります。

今回はその代表格「ツーシーム」と「フォーシーム」について、その違いとどんな変化球なのかを解説していきます。

スポンサーリンク

ツーシームとフォーシームの違い

ツーシームとフォーシームの違いを解説する前に、まず「シーム」という言葉を知っておく必要がありますが、シームとは「ボールの縫い目」のことを言います。

そして、ボールが1回転するうちに、正面(キャッチャー)から何回縫い目(=シーム)が見えるかによって、名前が変わってきます。

フォーシームとは

フォーシームとは、ボールが一回転するうちに「4回」縫い目が見えるので、フォーシームと呼ばれています。

このフォーシームがいわゆる「ストレート」「まっすぐ」のことを言い、日本では一般的に投げられているストレートになります。いわゆる伸びがある球として知られています。

ツーシームとは

ツーシームとは、ボールが一回転するうちに「2回」縫い目が見えるので、ツーシームと呼ばれています。

メジャーリーガーなどの外国人選手がよく投げることで知られていますが、ボールが打者の手元で動くようなボールになります。

日本人はあまり投げる人がいませんでしたが、近年、元カープの黒田投手やヤンキースのマー君が投げていることから、日本人選手も投げる人が多くなってきました。

とはいえ、それでもツーシームを軸に投げている選手は少ないので、バッターとしてもツーシームには見慣れていません。そういったこともあり、WBCなどの国際試合では外国人投手のツーシームに苦戦してしまうこともしばしばあります。

ワンシームとは

最近、巨人の菅野選手がよく投げている「ワンシーム」というボールがありますが、これまでの流れから言うと、ワンシームとは、ボール1回転するうちに「1回」縫い目が見えるのでワンシームと呼ばれている、、というように思いがちですが、縫い目が1つというのは事実上不可能です。

では、ワンシームとはどういう回転をしているのかというと「正面から見ると縫い目が1本の線のように見える」ことからワンシームと呼ばれています。

ツーシームとフォーシームの握り方

 

スポンサーリンク

野球観戦中にツーシームとフォーシームを見極めることができるのか?

それは非常に難しいと思います。

バックネット裏の席で、相当な動体視力の持ち主であれば、ボールの変化を確認することができますが、ツーシームとフォーシームは球速の違いもあまり大きくないので、野球観戦中にしっかりと見極めるのは難しいでしょう。

テレビ中継であれば解説を入れてくれるので、テレビ中継を見ながらツーシームとフォーシームの違いをなんとなく見てみると良いかと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事